1. PRODUCE

  2. SUPPORT

  3. ARTWORK SALES

  4. Regional Revitalization

  1. Hotels

  2. Large bookstores in Japan

  3. Museum Shop

  4. Airports

  5. Luxury cruise ship

  6. Library

  7. The Sainsbury Institute for the Study of Japa…

  8. Japan Society

1986年静岡県生まれ。
2017年東京藝術大学彫刻科研究生修了。
2017年個展開催「鍵」(ガレリア・グラフィカbis / 東京)、 2021年「骨の想起」(日本橋高島屋 / 東京)。
2015年「第10回 アトリエの末裔あるいは未来」 (東京藝術大学大学美術館 陳列館、旧平櫛田中邸)、 2019年「Small Works」(ガレリア・グラフィカbis / 東京)、 2020年「Art-Interchange -三島・パサディナ 姉妹都市交流美術展」(三島市民文化会館 / 静岡)、 2022年「Art Nagoya」(愛知) などグループ展やアートフェアに多数参加。

 

 

作品

モティーフを選ぶことなく、まず無作為にイメージを大量に描き出していく。
そこから現れた複数のイメージを構成し、作品へと具現化させていく。
それは自分でも思い付かない「何か」を表出させるための方法であり、無意識・偶然性を生かすことで初めて「作品の核」となるモティーフが 浮かび上がります。
あえて何も考えない中で生まれる「形」にこそ不思議な魅力を感じますし、作品の意味合いよりも、作品の「形」に重きを置いて制作する方が、完成を見たいと思う好奇心が生まれるのです。

ー山本雄大

Without selecting a motif, I first draw a large number of images at random.
I then compose the multiple images that emerge and materialize them into a work of art.
This is a method to express “something” that I have not thought of, and only by making use of unconsciousness and coincidence does the motif that will become the “core of the work” emerge.
I find the “forms” that emerge when I dare not think about them to be strangely attractive, and I find that my curiosity to see the finished work is more aroused when I focus on the “form” of the work rather than the meaning of the work.

ーTakehiro YAMAMOTO

PROFILE

◆略歴
1986年静岡県生まれ
2017年東京藝術大学彫刻科研究生修了

◆個展
2017年 鍵(ガレリア・グラフィカbis / 東京)
2021年 骨の想起(日本橋高島屋 / 東京)

◆グループ展
2015年 第10回アトリエの末裔あるいは未来(東京藝術大学大学美術館 陳列館、旧平櫛田中邸 / 東京)
2019年 美術と街巡り・浦和(青山茶舗 / 埼玉)
2019年 Small Works(ガレリア・グラフィカbis / 東京)
2020年 Metropolis 2020(日本橋高島屋 / 東京、大阪タカシマヤ)
2020年 Art-Interchange -三島・パサディナ姉妹都市交流美術展(三島市民文化会館 / 静岡)

◆アートフェア
2022年 Art Nagoya(愛知)

◆受賞
2008年度 東北芸術工科大学 卒業 / 修了研究・制作展 優秀賞、プライズ賞(大学買上)

山本雄大 掲載号『ONBEAT vol.17』