1. PRODUCE

  2. SUPPORT

  3. ARTWORK SALES

  4. Regional Revitalization

  1. Hotels

  2. Large bookstores in Japan

  3. Museum Shop

  4. Airports

  5. Luxury cruise ship

  6. Library

  7. The Sainsbury Institute for the Study of Japa…

  8. Japan Society

1988年東京都生まれ。
2012年多摩美術大学工芸学科卒業。
2014年常滑陶芸研究所修了。
2015年「生物博覧会」(Fuma Contemporary Tokyo)、2016年「inside」(奈良屋クラシック 素庵 / 愛知)、2017年「Transformation」(ギャラリーcera / 愛知)、2019年「Spark」(ギャラリーcera / 愛知)など個展多数。
2018年2人展「ショートストーリーズ」(ヴァリエテ本六 / 東京)、2020年「SICF20 Winners Exhibition」(スパイラル / 東京)、「Shower」(芸術銭湯+Cafe 宮の湯 / 東京)などグループ展に多数参加。

Born in Tokyo in 1988.
Graduated from Tama Art University of Ceramic Art in 2012.
Completed training at Tokoname Ceramic-Art Laboratory in 2014.
Held numerous solo exhibitions including "A Creature Exhibition" at Fuma Contemporary Tokyo in 2015; "inside" at Naraya Classic Soan / Aichi in 2016; "Transformation" at Gallery cera / Aichi in 2017; "Spark" at Gallery cera / Aichi in 2019. Participated in various group exhibitions including two man show "Short Stories" at Variete Honroku / Tokyo in 2018; "SICF20 Winners Exhibition" at Spiral / Tokyo, "Shower" at the Art Sento and Café Miyanoyu / Tokyo in 2020.

WEB Instagram

 

作品

 

主に生きものをモティーフとして、やきものによる立体作品を制作しています。
やきものは通常、極めて小さいものを除き、内側が空洞になっています。
私は、目には見えずとも空洞はやきものの一部、さらに言えば、その空洞"Void"こそがやきものの本質なのではないかとさえ考えています。
そうした認識のもと、私は作品の内側の空洞をあえて露出させた立体作品を制作しています。
それにより、外側と内側、表と裏、バーチャルとリアルなど相反するさまざまな世界を表現することと、これまでに無い角度からの鑑賞が 可能になりました。
固定されたイメージを打ち砕き、無限に広がる視点から想像を膨らませられる作品や、空間の創造を目指しています。

ー奥 直子

I produce three-dimensional ceramic art that feature animals.
Ceramics are usually hollow inside.
While these holes are not visible from the outside, I feel that these "voids" could be the very essence of ceramics.
Based on this concept, I intentionally expose the internal hollows in my works.
As a result, it has allowed me to express conflicting elements such as the outside and inside, front and back, and virtual and real.
My audience could also enjoy the artworks from unprecedented angles.
I wish to create works and spaces that could help viewers grow their imaginations from infinitely expanding perspectives.

ーNaoko OKU

PROFILE

◆略歴
1988年東京都生まれ
2012年多摩美術大学工芸学科卒業
2014年常滑陶芸研究所修了

◆個展
2015年 生物博覧会(Fuma Contemporary Tokyo)
2016年 inside(奈良屋クラシック 素庵 / 愛知)
2017年 Transformation(ギャラリーcera / 愛知)
2019年 Spark(ギャラリーcera / 愛知)

◆グループ展
2018年 2人展「ショートストーリーズ」(ヴァリエテ本六 / 東京)
2019年 SICF20 Winners Exhibition(スパイラル / 東京)
2020年 Tokoname Creator's Flag(ノリタケの森ギャラリー / 愛知)
2020年 Shower(芸術銭湯+Cafe 宮の湯 / 東京)
2020年 コンシン展(gallery UG / 東京)

◆受賞
2019年 Spiral Independent Creators Festival(SICF)20準グランプリ受賞

ONBEAT掲載号:Vol.14